ニュース

福島の温野菜爆発事件の責任は誰?工事業者?賠償金はいくら?

福島の温野菜爆発事件の責任は誰?

2020年7月30日に福島県の郡山市にある「しゃぶしゃぶ温野菜」が改装工事中に爆発した事件が発生しました。

建物が骨組みを残して跡形もなくなるほどの爆発が起こった様で、近くに住む住民の方達は騒然としているようです。

そんな大爆発を起こした今回の事件で、

「爆発事件の責任は誰にあるのか?」

「賠償金は一体どのくらい掛かるのか?」

と気になった方もいるのではないでしょうか?

そこで今回は福島の温野菜爆発事件の責任や賠償金について調べていきたいと思います。

スポンサーリンク


福島の温野菜で爆発事件

福島の温野菜で爆発事件

2020年7月30日午前9時頃、福島県郡山市の飲食店「しゃぶしゃぶ温野菜」で爆発が発生したというニュースが流れてきました。

ネットニュースによると、

建物は外壁などが飛び散って骨組みだけが残った状態になっている。

建物内のガス栓が壊れてガスが噴出しているといい、消防はガスに引火して爆発が起きたとみて調べている。

ガス漏れが原因として調査が進められているようです。

建物の骨組みだけが残るほどの爆発が起こるとは何とも恐ろしいですよね。

爆発の詳しい原因も気になるところですが、

ネット上でも声が上がっているように

「爆発後の責任は一体どこが取るのか?」

と気になる方もいるのではないでしょうか?

福島の温野菜爆発事件の責任は工事業者?

福島の温野菜爆発事件の責任は工事業者?

今回の爆発事件の責任は、

工事業者

なのではないかと言われています。

今爆発事件が起こった飲食店は改装工事中だった様で、

修理改装工事業者の作業ミスの可能性が高い。

事から責任は工事業者へ問われる可能性が高いのではないかと考えられます。

しかし、

「この店にはプロパンガスのボンベが6本あり、このうち3本はバルブが壊れ、ガスが漏れていた 」

という記事内容から、

LPGボンベ納入業者の過失責任が問われるのでは?

との声もありますので、確実に責任は工事業者だ。とは言い切れない部分ではあります。

そして責任問題と共に、

賠償金はいくらなのか?

気になる方も多いのではないでしょうか?

福島の温野菜爆発事件の賠償金はいくら?

福島の温野菜爆発事件の賠償金はいくら?

福島の爆発事件の賠償金は、

10億円以上

は掛かると考えます。

2018年に北海道で起きた「札幌不動産仲介店舗ガス爆発事故」では

賠償金総額が10億700万円ほどだったようですが、

今回のの福島の爆発事件は、

  1. 近隣の建物にも被害が大きい
  2. 負傷者も出ている

ので北海道の事件よりは多く賠償金が掛かると考えられます。

しかし保険に加入していれば被害者への賠償金支払いは保険の対象になる事もあるようなので、

会社自体が支払う賠償金は少し減るようです。

しかし今回の事件は結構な被害が出ているようなので、賠償金もそれなりの額が発生する事でしょう。

スポンサーリンク


福島の温野菜で爆発事件:まとめ

福島の温野菜で爆発事件:まとめ

今回は福島県の飲食店で起こった爆発事件の責任と賠償金について調べて行きました。

責任が誰に問われるのかはまだ公表されていませんが、

爆発の原因が未だにはっきりしていませんので責任が問われる会社はこれからはっきりしていく事でしょう。

これからの最新情報に注目していきましょう。

それではこの記事を最後まで読んで頂きありがとうございました。

スポンサーリンク