ニュース

八王子の拳銃自殺の銃の入手ルートは?手作りで改造拳銃?

八王子の拳銃自殺の銃の入手ルートは?

2020年6月8日に八王子の住宅で15歳の少年が拳銃自で死亡したことが報道されました。

8日の午前8時頃に、警察に通報があり家に駆け付けた所、頭から血を流している少年が見つかりその後死亡が確認されたようです。

今回の自殺報道に、

15歳の少年がどうやって銃を手に入れたの?

モデルガンを改造して作ったのか?

など、銃の入手方法が気になる方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は15歳の少年がどのようにして銃を手に入れたのか、調べていきたいと思います。

スポンサーリンク


八王子の15歳の少年が拳銃自殺!

八王子の15歳の少年が拳銃自殺!

2020年6月8日に、東京・八王子の住宅で15歳の少年が拳銃自殺を図って死亡したことが報道されました。

NEWSサイトからは、

8日午前8時すぎ、八王子市元八王子町の住宅から、「自殺を図っている」と119番通報があった。

警察官が駆けつけたところ、住宅の2階で、この家に住む15歳の高校1年生の少年が、頭から血を流して倒れているのが見つかり、その後、死亡が確認された。

と報道されました。

15歳が拳銃を持っていることもそうですが、簡単に銃が手に入る世の中ということが恐ろしいですよね。

この報道にネットでは、

ほとんどの方が銃の入手ルートや入手方法に疑問を持っていました。

日本では拳銃を所持する事さえ許されていないのに、15歳の少年が一体どこから入手したのでしょうか?

拳銃自殺の銃の入手ルートは?

現在の日本で拳銃を手に入れる方法は、

密輸、密造

だと言われています。

ヤクザから入手するという情報も見かけたのですが、15歳の少年がヤクザとの繋がりがあるとも考えにくいですし、

密輸をするのも不可能ですよね。

銃砲店のネットショップで実銃実弾を販売されているお店もあるですが、資格が無いと購入出来ない様になっているそうなので、ネットでの入手も考え難いです。

そんな中、15歳の少年が「モデルガンを改造して使用したのではないか?」との噂も流れています。

モデルガンを改造して使用する事は可能なのでしょうか?

拳銃自殺の銃は改造して手作り?

拳銃自殺の銃は改造して手作り?

モデルガンを改造して使用する事は可能だそうです。

改造して作られた銃の事を、

「改造拳銃」

という様で、過去にもこの改造拳銃を使った自殺例がありました。

2013年に大阪で起こった事件で、

都島区に住むIT会社社員の赤木大輔さん(31)。会社の同僚から「出勤してこない」との通報を受けた警官が自宅マンションに入り、頭から血を流して死んでいるのを発見した。

と今回の拳銃事件と同じ様な発見のされ方だった様です。

頭を撃った銃は弾丸に線条痕がないことから、改造拳銃とみられています。

赤木さんは銃のマニアだったらしく、室内には改造拳銃のほかモデルガン4丁とライフル銃1丁、実弾数百発がありました。

室内が荒らされていないので自殺とみられています

今回の八王子の事件では、弾丸の線条痕についての証言が無いので実際には分かりませんが、「拳銃のようなもの」という言い方から普通のシンプルな拳銃ではない可能性もあるかもしれません。

改造拳銃を手作りするには、

モデルガンが1丁1万円として、パイプなどの材料費を合わせても2万円あれば改造できる

と言われているので、15歳の少年がお小遣いを貯めて作れる金額ではあるので、もしかしたら改造拳銃を作ったという可能性もあるのではないでしょうか?

しかし八王子の少年が改造拳銃を作っていなかったとしても、普通に一般人が拳銃を作れてしまうという事実が恐ろしいですね。

スポンサーリンク


八王子の拳銃自殺の銃の入手ルート:まとめ

八王子の拳銃自殺の銃の入手ルート:まとめ

今回は八王子の住宅で15歳の少年が拳銃自殺を図って死亡した事件から、

拳銃の入手ルートについて調べて行きました。

密輸やなどはほとんどの確率で不可能ですが、改造拳銃を手作りする事は不可能ではないので自作した可能性もあるかもしれません。

未成年の少年に拳銃が渡るような世の中という事実が恐ろしい事ですので、

警察には入手ルートなどを詳しく調べてこのような事が起きない様にしてもらいたいですね。

詳しい情報は最新のニュースに注目していきましょう。

それではこの記事を最後まで読んで頂きありがとうございました。

スポンサーリンク