アイドル

欅坂46とてちはやっぱり不仲!?てちの発言や関係者による証言で解説!!

昨日電撃脱退を発表した人気アイドルグループ欅坂46の中心メンバー平手友梨奈さん!

脱退の原因は、精神的な病気・女優業に専念・平手さんとグループの不仲説。
など様々な声が上がっています。

そこで今回は、様々な声が上がっている内の一番可能性が高そうな平手さんグループの不仲説について追及して行きたいと思います!!

平手さんのこれまでの発言や、関係者の証言を調べて行くと欅坂46の闇が見えてきました。

スポンサーリンク


平手友梨奈は浮いていた

平手さんは2016年にリリースされた「サイレントマジョリティー」を含めて、シングル曲全てセンターを務めていて、圧倒的な存在感のおかげもありグループは、人気を高めていきました。

しかし平手一強体制で平手さんの発信力が強くなりすぎて、多くのメンバーが振り回された事により平手さんとメンバーに深い溝が出来てしまい、グループ内で浮いた存在になったようです。

平手さんが浮いていると噂されているグループの集合写真を見てみます。

写真を見てみると、

ポーズを合わせていない

ポーズすらしない

どの写真も楽しそうではない

「笑顔を見せないアイドル」がコンセプトのようなグループなので、それを忠実に守っていると言うのであればさすがのプロ意識だと思いますが、

そうでなければ本当にグループ内で浮いていたという証言も嘘ではなさそうですね。

「黒い羊」での意味深なコメント

20909年にリリースされた「黒い羊」について雑誌のインタビューでの平手さんのコメントに意味深さを感じたので紹介します。

欅坂のなかにこの曲があることで、ちょっと救われたじゃないけど、自分のいる意味を何となく感じたかもしれないなあ。あ、この気持ちを出せるんだって。

とコメントを残していますが、

「黒い羊」は白い羊の群れ中に一匹だけ厄介者が居る事を表している曲で、他者との共存に苦しむという意味があるようです。

そんな曲に救われたと言う平手さんの心の闇が見えてしまいますね。

そして、脱退を発表した直後の「GIRLS LOCKS!」というラジオ番組の最後に流した曲も「黒い羊」で、曲が終わった後には泣いていた様子がうかがえました。

最後にどんな気持ちを込めてこの歌を流したのか。

「黒い羊」は平手さんの気持ちそのままの歌だと考えると、悲しいような寂しいような気持ちになりますね。

グループ内いじめ

過去に欅坂46のグループ内でいじめがあったことがあります。

そのいじめは、平手さんを宗拝するメンバーから受けたもので、

・体調不良で平手さんが休む

・代わりのセンターをIさんがする

・「平手が築きあげた欅をお前が壊している」
・「死ね」
などの暴言
・私物を隠される
・楽屋に入れてもらえない

など、平手一強の運営体制がメンバ―にも影響していて、

「平手以外のセンターを許さない」という狂信的な状態までなっていて、

余計に平手さんの周りから人が離れて行ったようです。

平手さんばかり良い思いをしているという風に感じ、妬むメンバーも沢山いたのではないでしょうか?

平手さんはそんな環境に居る事が苦痛になってしまったのでしょう。

スポンサーリンク


まとめ

今回は電撃脱退を発表した欅坂46の平手友梨奈さんの脱退の原因について追及して行きました!!

平手さんの脱退理由に関しての正解はまだはっきりと分かっては無いですが、平手さん、そして欅坂46の闇はとても深そうです。

そして「黒い羊」は、平手さんそのものを表現したような楽曲になっているので、聴いた事のない方は是非聴いてみてはいかがでしょうか?

18歳の平手さんがアイドルグループのセンターを背負う事は僕たちの想像を絶する事だったのかもしれません。

それではこの記事を最後まで読んで頂きありがとうございました。

スポンサーリンク