アイドル

ジャニーズの退所が多いのは何故?理由は事務所の力が弱くなった事?

ジャニーズの退所が多いのは何故?

2020年になりジャニーズ事務所から退所するタレントさん達が多く感じませんか?

不謹慎な事を犯してしまったりという理由などで退所する方もいましたが、

事務所と話し合った上で退所する方も増えたように感じます。

そんなジャニーズ事務所退所報道を目にするたび

「ジャニーズの退所が多いのは何故?」

と気になっている方のコメントを見かけます。

そこで今回はジャニーズ事務所からの退所が多い理由について調べていきたいと思います。

スポンサーリンク


ジャニーズ事務所の退所が多い!

2020年9月20日に「少年隊」の錦織一清(55)と植草克秀(54)が年内いっぱいで事務所を退所する事が発表されました。

突然の退所発表でしたが事務所との話し合いの結果という事なので、揉め事などの問題もなかったそうですが、

今回の発表を聞いて

最近のジャニーズ事務所の退所発表が多い事が気になっている方も多いようです。

一体なぜジャニーズ事務所の退所が増えてきているのでしょうか?

ジャニーズの退所が多いのは何故?

ジャニーズ事務所の退所が多い理由は

詳しい発表はない

ようです。

ちなみに2020年に入って退所を発表したジャニーズのタレントさんは

2020年3月 中居正弘

2020年6月 手越祐也

2021年3月 長瀬智也(予定)

そして今回2020年12月に錦織一清さんと植草克秀さんが退所する事を発表されました。

去年からジャニーズで活躍中のタレントさんの退所も相次ぎ

ジャニーズ界の大御所が退所が多くなったという事で

ジャニーさんがいなくなった時代の流れか?
後輩が副社長ではやりにくいのでは?

とジャニーさんが亡くなった事が発端で退所する方が多いのではないか?

と考える方が多いようです。

ジャニーさんにお世話になった恩は返したという事で新しいステップに進もうと考える方が多いのでしょうか?

しかしジャニーズ事務所の力が弱くなって来たことが理由で退所しているのでは?

とも囁かれているようです。

ジャニーズの退所が多い理由は事務所の力のせい?

ジャニーズの退所が相次いでいるのは

ジャニーズ事務所の勢力が弱くなった事

が理由だともいわれているようです。

はっきりとした真相はありませんので憶測になりますが、

ジャニーズの人気よりEXILEなどが所属するLDHグループの人気が高くなった

事務所としての勢力も無くなってきているのではないか?

と言われているようです。

事務所の勢力が落ちていたとして退所する理由に直結するかは謎ですが

事務所の勢力が落ちたことで

・昔ほど好き勝手に出来なくなった

・週刊誌に掲載される確率が高くなった

という感じはありますので

独立して独り立ちしよう

と考える方が増えてきている可能性はあるかもしれません。

ジャニーズの退所が多いのは何故?:まとめ

今回はジャニーズ事務所からの退所が増えてきている理由について調べてみました。

様々な意見が寄せられていますが、

たまたま重なっているだけかもしれませんし、

真相ははっきりしていませんが、ジャニーズを退所してからも活躍してもらいたいですね。

それでは最後までこの記事を読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク