ニュース

神奈川県内JR線の多機能トイレの使用制限の理由は?渡部の不倫が原因?

奈川県の多機能トイレの使用制限の原因は渡部?

2020年7月3日、神奈川県のJR線の多機能トイレが使用制限されていることが話題となっています。

7月3日発行の西日本新聞内での掲載から話題となった今回の事例。

今回の多機能トイレ使用制限報道に、

使用制限の理由は何?

渡部が原因ではないのか?

と今回の使用制限の理由を知りたいと思う方が多いようです。

そこで今回は、神奈川県の多機能トイレの使用制限の理由について調べていきたいと思います。

スポンサーリンク


神奈川県の多機能トイレが使用制限!

2020年7月3日の西日本新聞より、神奈川県のJR線の多機能トイレが使用制限されている事が判明しました。

神奈川県のJR線の10駅で、電車の運行時間内にもかかわらず、多機能トイレの使用を制限していることが3日、分かった。いずれも駅員が出入り口を施錠していた。

このように駅員の方が出入り口を施錠していた様で、

使用が制限されているのは根岸線で1駅、相模線で3駅、南武線で3駅、横須賀線で2駅、横浜線で1駅。

使用制限されているトイレは、神奈川県ない各JR線で1~3駅ほどだそうです。

この報道を受けネットでは、

制限つけられると困る方が多いでしょうに
これが全国でデフォルトになったら困るなあ。

と、制限を付けられると困る方も多く出てくるので今回の使用制限に賛成している方は少ないかもしれません。

そして今回の多機能トイレの使用制限のきっかけが先日世間を賑わせた渡部建さんの騒動がきっかけではないか?と言う声が多く上がっているようです。

神奈川県の多機能トイレの使用制限の原因は渡部?

今回の多機能トイレの使用制限の原因は、

渡部建さんの不倫

ではないか?と言われているようです。

実際にネットでの声を見てみると

このように、渡部建さんの不倫での「多目的トイレ」の使用方法がきっかけで

使用制限が掛かってしまったのではないか?と考える方が多いようです。

確かに、先日の不倫騒動後に出てきた今回の制限なので渡部建さんの行動が決め手となったという事も考えられますが、

渡部さんの不倫騒動と今回の事例が出された時期が被ってしまっただけで、渡部建さんの不倫が理由となる可能性は低いと考えらえます。

更に西日本新聞の記事を読み進めて行くと、

実際に使用制限がかけられた本当の理由が見つかりました!

神奈川県の多機能トイレの使用制限の本当の理由は?

神奈川県の多目的トイレ使用制限の本当の理由は、

防犯上の理由

だそうです!

JR東日本横浜支社は防犯上の理由などを強調。

共同通信の記事内にもこのように記載されていました。

実際に多機能トイレ内での犯罪例として多く挙げられるのが

性犯罪

ではないでしょうか?

これまでも事件になりニュースでも取り上げられたこともありますよね。

駅構内に設置されている事で性犯罪が起きる確率は低いかと思いますが、

駅員さんが不在の時間帯もあるようなので、防犯上の理由で制限されるのも仕方がないかもしれませんね。

ちなみに神奈川県内のJR線で多機能トイレが使用制限される時間帯は、

始発から午前6時半ごろまで

午後9時や午後11時以降

と日中は使用することが出来るそうなので、安全面を考えると今回の判断も間違いではないのかなと感じますね。

しかし共同通信内でも

専門家は「公共交通機関なのに、使用できないのはおかしい」

と専門家の方からも批判の声があったようですが、

性犯罪などの犯罪が起こってしまう世の中で性犯罪を少しでも減らす為には、これくらいの事をする必要もあるのではないかと感じませんか?

今一度利用方法を考え直してみてもらい、世の中の人たちが使いやすい環境になる事が一番ですね!

スポンサーリンク


神奈川県の多機能トイレの使用制限の理由は?:まとめ

今回は神奈川県の多機能トイレの使用制限の原因は一体何なのか?について調べて行きました!

渡部建さんの不倫騒動の件が原因ではないか?との声がやはり多く見られましたが、

全ての原因が渡部建さんではない事は分かりましたね!

少しは関係しているかもしれませんが、やはり防犯の面が一番の原因ではないでしょか?

多機能トイレ使用制限には賛否両論ありましたが、皆さんが安全に使用できる世の中になっていくことが一番の対策ではないでしょうか?

それではこの記事を最後まで読んで頂きありがとうございました。

スポンサーリンク