話題

凪良ゆうは「腐女子作家」!人気BL作品紹介!【本屋大賞受賞】

作家の凪良ゆうさんが出版した「流浪の月」が2020年の本屋大賞を受賞した事が話題になっています!

凪良ゆうさんはBL(ボーイズラブ)作品で10年以上のキャリアを持ち、「腐女子作家」としても有名です。

今回はそんな凪良ゆうさんの人気BL作品をご紹介していきます!

スポンサーリンク


凪良ゆうプロフィール

・名前 凪良ゆう(なぎら ゆう)

・生年月日 1973年1月25日

・年齢 47歳

小さい頃は漫画家志望だったそうですが、10代後半で音楽にハマりその後10年間ほど音楽に打ち込みますが、結婚を機に暇になった事で再び小説を書き始めたそうです。

その後、

BL専門雑誌“小説花丸”2006年冬の号に中編「恋するエゴイスト」が掲載

長編『花嫁はマリッジブルー』で本格的にデビュー

それからBL小説家として10年以上活躍をしていき、今回の「流浪の月」が本屋大賞として選ばれたそうです!

凪良ゆうは「腐女子作家」!

そんなBL小説家の凪良ゆうさんは自身でも認める「腐女子」なんです!

腐女子とは、

やおいやボーイズラブ(BL)と呼ばれる男性同士の恋愛を扱った小説や漫画などを好む女性の事です!

凪良さんは小学生の頃にBL漫画を読んだ事が、BL作品を描くきっかけとなったそうです。

男性同士の過激な性描写のある漫画も掲載されていたり、幼いころから、そういうのは普通に受け入れていました。

と、幼いころから偏見などなくBL作品にハマっていたようですね!

本屋大賞を受賞した凪良さんですが、

・BLアワード2020 小説部門

・BLアワード2020ドラマCD部門 でも1位を獲っています!

人気BL作品紹介!

凪良さんのBL作品が気になった方もいるかと思います!

そこで凪良さんのファンの方おススメのBL作品をご紹介していきます!

「美しい彼」

「凪良ゆう先生の「美しい彼」、商業BL活字部門の中でずっと私の中のナンバーワン」

「美しい彼シリーズの大ファンで、ほんとに好き、、、」

 

「お菓子の家」

「凪良ゆう先生は「お菓子の家」がどちゃくそに好きです」

「凪良ゆうは 『お菓子の家』がめちゃくちゃ好きで、中高生時代に何度も読み返した」

「悩ましい彼」

「絶賛の言葉しかない。読んだ後の余韻は一日中ゆっくり消化してる。」

「笑いも感動も萌えもあって物語として本当に面白くて素晴らしかった」

「おやすみなさい、また明日」

「とても優しい話なのでぜひ読んでみてください!」

「最後がね…本当にね…泣けるのよ…」

紹介した作品以外の作品も絶賛する声が多かったです!

この他にも40冊以上凪良さんのBL作品があるので気になる方は是非探して読んでみてはいかがでしょうか?

「腐女子作家」凪良ゆうまとめ!

今回は2020年の本屋大賞を受賞した「腐女子作家」として活躍される、

作家の凪良ゆうさんについてご紹介していきました!

凪良さんのBL作品はファンの方達の間でかなり絶賛されていることが分かりました!

今回の大賞受賞により、凪良さん魅力が世間の方に広まる事でしょう!

今後の活躍にも期待していきたいですね!

それではこの記事を最後まで読んで頂きありがとうございました。

スポンサーリンク