事件

【殺人事件】滋賀県の加害者と被害者3人の関係性は?

滋賀県の暴行事件加害者と被害者3人の関係性は?

11月25日に滋賀県で暴行殺害事件が起こりました。

加害者である無職の小林久美子容疑者とアルバイトの少年が殺人容疑で逮捕されましたが、

「加害者と被害者の関係性は?」

被害者と加害者の関係性に疑問を感じる方が多いようです。

そこで今回は滋賀県で起こった暴行殺害事件の加害者と被害者の関係性について追及していきたいと思います。

スポンサーリンク


滋賀県愛荘町で暴行殺害事件

滋賀県の愛荘町で暴行殺害事件が起こりました。

讀賣新聞によると、

昨年5月下旬から同年10月25日までの間、小林容疑者の自宅アパートで、同居の無職岡田達也さん(当時25歳)に十分な食事を与えないまま、金属製の棒などで全身を殴って重傷を負わせ、腹膜炎などによる敗血症性ショックで殺害した疑い。

とかなり残酷な事件のようです。

更に殺害された男性は

身長174メートルで死亡時の体重は30キロ台

と事件の残酷さを表しています。

事件の残酷さにも注目されていますが、

3人の関係性はどうなってるの?

と事件に関係している3人の関係性に疑問を抱く方が多いようです。

滋賀県愛荘町の事件加害者と被害者3人の関係性は?

滋賀県の暴行殺害事件の加害者と被害者の関係性は

加害者2人は家族で被害者は知人

なのではないでしょうか?

まず加害者は

・無職 55歳女性

・アルバイト 19歳男性

そして被害者は

・無職 25歳男性

と収入元がかなり少ない状態の中3人で暮らすのは苦しいはずです。

加害者の2人は母子家庭として生活しており

母子手当

を貰って生活していたと考えらえます。

加害者の19歳男性は未成年という事で名前が公開されていませんので、

確実な証拠はありませんが、これから明かされていく事実に注目していきましょう。

25歳の男性は

・監禁

・マインドコントロール

で逃げられない環境に身を置いていたのかもしれませんね。

滋賀県の暴行事件加害者と被害者3人の関係性は?:まとめ

今回は滋賀県で起こった暴行殺害事件の加害者と被害者の関係性について調べていきました。

決定的な関係性は特定できませんでしたが、

19歳男性の名前が公開されていない事から

加害者のお2人は家族である可能性も十分考えらます。

今後の最新情報に注目していきましょう。

それでは最後までこの記事を読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク